ページ本文

よくあるご質問

CMS ALAYAの導入・ご利用に関し、よくお問い合わせいただく内容をご紹介します。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)にはどのような種類があるのでしょうか?
CMSには大きく分けて2つのタイプがあります。企業内で発生する定型データ、非定型データを管理するタイプは、正確には「ドキュメントマネジメントシステム」と呼ばれます。一方、ウェブサイトのハンドリングに特化したタイプを「ウェブコンテンツマネジメントシステム」と呼び、現在日本で販売されているCMS製品はこのタイプが主流となり、CMS ALAYAもこの領域の製品です。

また、ウェブコンテンツマネジメントシステムには、静的(スタティック)にコンテンツを生成し、ウェブサーバに配信するタイプと、アクセスごとにデータベースから動的(ダイナミック)にコンテンツを生成、表示するタイプがあります。CMS ALAYAは前者の静的生成のタイプです。

クラウド型とサーバインストール型、どちらを選択すれば良いでしょうか?
お客様の諸条件をお伺いし、最適なタイプをご提案します。
クラウド型は、共用コンテンツサーバ上のCMS ALAYAを利用いただきます。新たなインフラ投資やシステム構築・運用の必要がありません。
サーバインストール型は、用意いただいたサーバにCMS ALAYAを構築し、お客様のシステム環境内で運用いただくものです。
いずれの場合も、ウェブサーバは現状のものを利用いただくことが可能です。

導入にはどの程度の期間を見込めばいいのでしょうか?
対象サイトの規模、適用範囲、運用管理体制の整備状況などにより異なります。
CMS外作成ファイルの登録・管理ツールとして利用いただく場合、またリニューアルを伴わない小中規模サイトをクラウド型で運用される場合には2週間~1ヶ月程度、また 大規模サイトのリニューアル業務では、6ヶ月程度の導入期間を要する場合があります。

CMS ALAYAを利用するパソコンには、専用ソフトのインストールが必要でしょうか?
不要です。
インターネットに接続できるブラウザ環境で、そのまま利用いただけます。

ウェブサイト全体に適用しないと効果がないのでしょうか?
目的、コンテンツの特性に応じて、最適な導入方法をご提案します。
更新頻度の高いページや即時性を要する情報など、ウェブサイトの一部分のみに導入いただくことも可能です。部分導入により効果を出されている導入事例も数多くあります。

当初クラウド型を導入し、その後サーバインストール型に切り替えることは可能ですか?
可能です。
切り替えに際しては、お客様の各種設定情報、コンテンツなどのデータを共有サーバからお客様サーバに移行する作業が発生します。費用は個別お見積りとなります。

運用開始後のテンプレート変更や追加設定は可能でしょうか?
可能です。
テンプレート変更、追加設定を代行させていただく場合の費用は、個別お見積りとなります。

既存ウェブサイトコンテンツの移行には、どのような方法がありますか?
移行後の運用方法、求められる品質レベルなどにより、この方法が変わります。

1. 既存コンテンツを旧態ままCMS ALAYA管理下に置く場合
オプションの「ファイル管理機能」を利用いただくことで、ファイル群の一括登録が可能です。

2. 既存コンテンツを新デザインガイドラインにあわせて再構成する場合
既存コンテンツのデータを「ページタイトル」「見出し」「本文」などに要素分解、テンプレートを用いて登録を行う方法が標準的です。
弊社では、この事前作業として、既存ウェブサイトからCMS ALAYAへの大量データ登録をよりスピーディーに行うことが可能なサービスもご提供しています。

CMS ALAYAの価格体系を知りたいのですが?
導入規模により、「エントリーエディション」「プライマリエディション」「エンタープライズエディション」をご用意しています。 価格詳細についてはお問い合わせください。

ご相談・ご質問をお気軽にお寄せください。資料請求もこちらから。

ページトップへ